*

2014年11月

映画「勝利者」を見た

監督はカール・フォアマン。「戦場にかける橋」でアカデミー脚色賞をとったとあるけど、あのときはピエール・ブールということになっていました。当時僕は「ナバロンの要塞」の脚本家として知っていたわけです。 きっとハリウッドのコロンビア映画も、「ナバロンの要塞」の脚本家が製作・監督・脚本を担当する3時間の戦争大作で、ジョージ・ペパードにジョージ・ハミルトンという当時旬の若手スターを並べ、エルケ・ソマーにセンタ・バーガーが彩りを添えるというキャスト陣から"クリスマス公開にうってつけ"と考えたのではないでしょうか。日本では63年末、64年の正月公開でした。 冒頭、ソウル・バスがデザインしたプロローグが始まります。第一次世界大戦の映像(「西部戦線異状なし」の一場面です)からヒトラーのニュース映像、ユンカース急降下爆撃機の爆撃、おののく老婆...。 そして題名の"勝利者"が画面いっぱいの文字で出ますが、つづいてのフェイク・ニュースがまたすごいです。 イタリア戦線での激戦の模様のあと、疲れきったジョージ・ハミルトンたちが映し出され、兵士たちの奮闘を称えるナレーションがむなしく響きます。薬剤師転職非公開トリプルx

MY溝

裏の溝を掃除しました。町内の溝掃除は毎年春に行われます。でも、ウチの裏にある溝は対象外です。なぜなら、ウチの敷地内にある私有の溝だからです。ずっと、道や川、溝は県や市の持ち物だと思っていました。ところが、ウチの周りはほとんどが私有なのです。引っ越してきてから1年くらいウチの溝と思わず掃除してなくて、草が生い茂ってました。近所の人に教えてもらってから、3、4ヶ月に一度掃除してます。溝があるご家庭ってどのくらいあるのかしらね。ベルタ酵素 薬局で買える