結婚式を家族とアットホームにしたい人必見!自分たちらしさいっぱいの挙式・披露宴の基本

当サイトは結婚式を家族とアットホームにしたい人必見の、自分たちらしさいっぱいの挙式・披露宴の基本をご紹介しています。
これからウェディングの準備を進めたいと考えているのなら、ぜひ参考にしてみてください。
式をファミリーでする場合の会場選びにも触れているので、どのようなところを選べば良いか分からない場合にもおすすめです。
さらにゲストが身近な人たちだけであるからこそ、式でできることは何かという点にも触れています。

結婚式を家族とアットホームにしたい人必見!自分たちらしさいっぱいの挙式・披露宴の基本

家族のみを招待して自分たちらしいアットホームな結婚式をしてみたいけれど、成功させられるか心配だという人もいるのではないでしょうか。
少人数で結婚式をするときには、アットホームな交流しやすい雰囲気作りをすることが大切です。
またオリジナリティにこだわった演出をしたいときには、そういった独自の演出が可能な会場を選ぶ必要があります。
その点貸し切り利用ができる式場は、比較的自由度の高い演出が可能なので適しています。

結婚式を家族のみでするメリットと注意点

結婚式のスタイルには様々な種類がありますが、その中の1つにより小規模な式として家族のみで挙げるスタイルがあります。
家族婚と呼ばれるスタイルの結婚式であり、より小規模なスタイルの1つです。
規模自体は小規模という点で費用を節約できるだけでなく、直接感謝の気持ちなどを1人1人に伝える事ができるのが魅力となっています。
新郎新婦が夫婦になることで親戚関係となりますが、食事をしながら親睦を深める事ができるのもメリットの1つです。
少人数だからこそおしゃべりを楽しんだり食事を楽しんだりと、自分達だけの式を楽しむ事が出来ます。
ただし注意点として大規模なスタイルではないので、招待できないゲストは多くいます。
特に親戚関係や遠方にいる人達などには、事前に式を挙げる旨を報告する事が大切です。
事後報告といった方法だと思わぬトラブルに繋がる可能性もあるので、事前に報告をして式が終わった後は無事に済んだ事も合わせて伝えるなど配慮が必要となります。

結婚式を家族だけでするときの費用の相場

結婚式自体は新郎新婦によって様々なコンセプトによって作られる事があり、規模や選出などこだわりをもって準備をする事は多いです。
式のスタイルに大規模ではなく、より小規模な式として家族だけ結婚式を選ぶという場合もあります。
より限られた人数での式になるので一般的な式に比べると、ぐっと費用を抑える事ができるのが特徴です。
実際に家族のみで挙式を行った場合、平均となる相場には10万から20万程度に安くする事が出来ます。
挙式だけでなく披露宴として家族と食事をする場合であれば、人数が10名以下であれば平均すると50万前後になる事が多いです。
20名以下であれば100万前後となりますが、一般的なスタイルと比べるとぐっとリーズナブルな料金にする事ができます。
日頃の感謝もことめアットホームな式を希望するのであれば、家族のみの挙式だからこそ味合う事ができるイベントにする事が可能です。
費用面も負担を抑える事ができ、より理想通りにする事もができます。

結婚式に家族のみが集まる場合のご祝儀

最近では、様々なメリットから家族のみの結婚式も増えてきています。
家族のみで結婚式を挙げた場合には、基本的に「ご祝儀はなし」としているケースが多く見られます。
これには、「家族だから遠慮がいらない」という意味合いもありますが、結婚式にかかる費用を双方の親が負担していることも影響しているかもしれません。
式自体も参加者が少なければ、料理に関する費用も軽減されますし、通常ならば、参加してくれた列席者に配るはずの引き出物に関しても「家族だけだから」という理由で「なし」にしている場合もあり、式全体の費用が少なくなることで親側としても費用を負担しやすいメリットがあります。
また、これから始まる二人の生活の負担を少しでも減らすための親心として、費用の負担を持ち掛ける親が多いのも事実です。
しかし、中には、本人たちの強い意思や希望により新郎新婦自ら結婚式にかかる費用をすべて負担しているケースもあり、その場合には、両親や親族、出席者は、一般的なご祝儀の相場の金額を渡しておくとよいでしょう。

結婚式を家族のみでする場合の流れ

結婚式にはいろいろなスタイルがあり、新郎新婦の好みに応じて決められます。
なかでも注目されているのは、両家の家族のみで結婚式を行うスタイルです。
出席者が限られるため、開催場所などを自由に決められる特徴があります。
当日までの流れとしては、まずは会場選びが大切です。
大型ホテルなどにある式場が利用できるのはもちろん、大型の飲食店も会場として利用できます。
結婚式のタイミングによっては予約が取りにくくなるので、早めの対応が大切です。
次に、最終的に出席する人数を確定させます。
招待状を送って誰が出席するのか決めないと、料理や引き出物などの手配ができません。
最後に決めたいのは、当日にスピーチをする担当者です。
スピーチはしなくてもかまいせんが、新郎新婦とその両親以外にスピーチをしてもらいたいなら早めに決めましょう。
大型ホテルを会場にする場合、専任のスタッフがついてくれるのが通例です。
全体のスケジュールはそのスタッフが詳しいので、なんでも相談することが基本です。

著者:谷岡紀夫

筆者プロフィール

茨城県つくば市生まれ。
自身の結婚式は家族のみで挙げました。
ここでは学んだことをまとめていきたいと思います。
つくば市 ブライダル